我らが願いは戦争
近刊

映画化決定の話題作。 『韓国が嫌いで』の作者が近未来の朝鮮半島をリアルに描く。

韓国文学セレクション

我らが願いは戦争

  • チャン・ガンミョン/著
  • 小西 直子/訳
  • 四六判上製
  • 496頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-2122-8
  • 2021.08.31発行
  • 書店サイトへ

紹介文

「北朝鮮の現政権が勝手に崩壊し、統一過渡政府が樹立する──。」
韓国で理想的に語られる筋書きが現実化した後の朝鮮半島を描いた近未来ディストピア小説。
北の社会の実情をリアルに描き、読者を一気に引き込む話題作。映画化も決定!

 

《我らが願いは…………統一》
北朝鮮の現政権が勝手に崩壊するという、韓国にとって理想的なシナリオが現実のものとなった朝鮮半島。しかしそこには、いまだ統一国家が成立してはいなかった。
一般人の南北間の往来は禁じられ、朝鮮半島北部は無能な「統一過渡政府」のもと、貧困と暴力が蔓延し、麻薬組織が暗躍する無法地帯となり果てていた。
つい何年か前まで、最も理想的と謳われていたシナリオ。それがいざ現実のものとなるや、餓鬼と修羅の跋扈する畜生道への扉が開かれたのだ。

 

〈複雑かつ長期にわたる問題を21世紀の眼で眺めてみよう。その試みとして誕生したのがこの小説です。20世紀の韓国で生まれ育った僕の受けた教育は、20世紀の眼で問題を眺めること、つまり「我らが願いは民族の統一」というものでした。
北とは韓国にとって、必ずやひとつにならなければならない同胞の住む国であると同時に、憎悪の対象、悪魔とみなすべき敵。その概念はどことなくおかしい。僕にはそう感じられます。
いまや何か新しい、21世紀的な見方が求められているときです。民族という概念ではなく普遍的な人権の価値に基づいて、どこの国の人であれ、北が引き起こす問題に力を合わせて対応できるようにしてくれるような、そんな…………。〉
————チャン・ガンミョン(「日本の読者の皆様へ」より)

出版社からのコメント

映画「JSA」から20年。
南北が〈統一〉の理想に向けて動きだした近未来——。
「愛の不時着」の大ヒットで関心が高まる北の社会の実情、人々の心情をリアルに描いた話題作。

著者紹介

チャン・ガンミョン(張康明/장강명)

1975年、ソウル生まれ。元新聞記者。
2011年、長編小説『漂白』で作家デビュー。
社会批評からSFまで幅広い作品で知られ、ハンギョレ文学賞、秀林文学賞、済州四・三平和文学賞、文学トンネ作家賞などを受賞し、注目を集める現代韓国を代表する作家の一人。
邦訳書に、『我らが願いは戦争』(小西直子訳、新泉社)、『韓国が嫌いで』(吉良佳奈江訳、ころから)、『鳥は飛ぶのが楽しいか』(吉良佳奈江訳、堀之内出版)。

小西 直子(コニシ・ナオコ)

日韓通訳・翻訳者。韓国で通訳・翻訳業に従事。
静岡県生まれ。立教大学文学部卒業。
80年代中頃より独学で韓国語を学び、1994年、延世大学韓国語学堂に語学留学。以後、韓国在住。
高麗大学教育大学院日本語教育科修了、韓国外国語大学通訳翻訳大学院韓日科修士課程卒業(通訳翻訳学修士)。
訳書に、イ・ギホ『舎弟たちの世界史』(新泉社)、チャン・ガンミョン『我らが願いは戦争』(新泉社)、イ・ドゥオン『あの子はもういない』(文藝春秋)、キム・ジュンヒョク『ゾンビたち』(論創社)、金学俊『独島研究』(共訳、論創社)。

関連書籍

  • 舎弟たちの世界史
  • きみは知らない
  • ギター・ブギー・シャッフル
  • ぼくは幽霊作家です
  • 夜は歌う
  • 目の眩んだ者たちの国家FTP
  • 海女たち
  • 〈戦後〉の誕生FTP