アニミズムという希望 〔新装〕
新刊

詩人が未来に伝える「新しい自然神話」

アニミズムという希望 〔新装〕

講演録 琉球大学の五日間

  • 山尾 三省/著
  • 山極 寿一/解説
  • 四六判
  • 416頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-2182-2
  • 2021.04.14発行
  • [ 在庫あり ]
  • 野草社/発行
  • 書店サイトへ

書評・紹介

紹介文

今やっと、三省さんの時代が来た。三省さんがかつて語った言葉に真摯に耳を傾け、それをひとりひとりが実行する時代になった。そう心から思う。
——山極寿一「詩人・山尾三省さんが予言したこと」

1999年夏、屋久島の森に住む詩人・山尾三省が琉球大学で集中講義を行った。「土というカミ」「水というカミ」……、詩人の言葉によって再び生命を与えられた新しいアニミズムは、自然から離れてしまった私達が時代を切りひらいてゆく思想である。
2000年に刊行されたロングセラーの講義録の新装版。元京都大学総長の霊長類学者・人類学者、山極寿一の解説を付す。

  • 立ち読み画像

目次

第一話 土というカミ
第二話 山に向かって
第三話 小さ愛さ
第四話 家族について
第五話 新しい自然神話
第六話 私は誰か
第七話 存在するものの知慧
第八話 ユウナの花
第九話 水というカミ
第十話 ついの栖
第十一話 「出来事」というカミ
第十二話 静かな心
第十三話 びろう葉帽子の下で
第十四話 回帰する時間
第十五話 日月燈明如来

あとがき

講義で紹介された本や作品
詩人・山尾三省さんが予言したこと 山極寿一

出版社からのコメント

近年、環境活動家グレタ・トゥーンベリさんの発言や、「人新世(アントロポセン)」という考え方が注目され、若い世代を中心に環境問題への関心があらためて高まっています。文明社会が地質や生態に重大な影響を与えたことを一因とする、台風・洪水・猛暑・森林火災などの自然災害が世界各地で発生。こうした深刻な気候変動や、新型コロナウイルス禍などの苦境に直面する中で、森羅万象の内に精霊、霊魂が宿るとする「アニミズム」の思想の見直しがはじまっています。

「新しい自分を見つけることが、新しい時代をつくることにまっすぐつながっている」と詩人である著者は言います。屋久島での自然生活から得たさまざまな体験と、古今東西の文学や思想、人文社会科学の知見をつなぎあわせながら進む語りの中で明らかにされるのは、文明の危機に向き合うひとりの人間が、「アニミズム」の思想を手掛かりにみずからが信じる世界観を創造していく過程です。巻末に掲載した「講義で紹介された本や作品」のリストも参考にして、それぞれの関心に沿って学びを深めてほしいと思います。

著者紹介

山尾 三省(ヤマオ・サンセイ)

1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73年〜74年、インド・ネパールの聖地を1年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去。
著書『聖老人』『アニミズムという希望』『リグ・ヴェーダの智慧』『南の光のなかで』『原郷への道』『インド巡礼日記』『ネパール巡礼日記』『ここで暮らす楽しみ』『森羅万象の中へ』『狭い道』『野の道』(以上、野草社)、『法華経の森を歩く』『日月燈明如来の贈りもの』(以上、水書坊)、『ジョーがくれた石』『カミを詠んだ一茶の俳句』(以上、地湧社)ほか。
詩集『びろう葉帽子の下で』『祈り』『火を焚きなさい』『五月の風』(以上、野草社)、『新月』『三光鳥』『親和力』(以上、くだかけ社)、『森の家から』(草光舎)、『南無不可思議光仏』(オフィス21)ほか。

山極 寿一(ヤマギワ・ジュイチ)

1952 年、東京生まれ。霊長類学者・人類学者。元京都大学総長。著書に『京大総長、ゴリラから生き方を学ぶ』(朝日文庫)、『スマホを捨てたい子どもたち』(ポプラ新書)、『人生で大事なことはみんなゴリラから教わった』(家の光協会)、『サルと歩いた屋久島』(山と溪谷社)ほか多数。絵本の共著に『ゴリラが胸をたたくわけ』(福音館書店)、『おはようちびっこゴリラ』(新日本出版社)、『ヤクシマザルを追って』(野草社)など。

関連書籍

  • びろう葉帽子の下で 〔新版〕
  • 五月の風
  • 火を焚きなさいFTP
  • 野の道〔新版〕FTP
  • 狭い道〔新版〕FTP
  • ヤクシマザルを追って