蘇我氏の古代学
新刊

蘇我氏の出自は渡来人。

蘇我氏の古代学

飛鳥の渡来人

  • 坂 靖/著
  • A5判
  • 260頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1806-8
  • 2018.05.15発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

5~7世紀の激動する東アジア情勢のなで、蘇我氏はどのように権力をつかみ、歴史上どのような役割を果たしたのか。考古学と文献資料からその出自を探る。蘇我四代(稲目、馬子、蝦夷、入鹿)の興隆と滅亡をめぐり、飛鳥をつくりあげた蘇我氏にせまる。

目次

序章 乙巳の変

著者紹介

坂 靖(バン・ヤスシ)

1961年生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了、博士(文化史学)。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 学芸課長を経て、2018年より奈良県教育委員会文化財保存課 課長補佐、古代学研究会会員。 主な著作 『古墳時代の遺跡学─ヤマト王権の支配構造と埴輪文化』(雄山閣)、シリーズ「遺跡を学ぶ」079『葛城の王都 南郷遺跡群』(共著、新泉社)

関連書籍

  • 蘇我三代と二つの飛鳥FTP
  • 古代国家形成の舞台・飛鳥宮FTP
  • 斑鳩に眠る二人の貴公子・藤ノ木古墳
  • 葛城の王都・南郷遺跡群FTP
  • 奇偉荘厳の白鳳寺院・山田寺FTP