鳥栖のつむぎ

鳥栖のつむぎ

もうひとつの震災ユートピア

  • 関 礼子/編
  • 廣本 由香/編
  • 四六判上製
  • 272頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1415-2
  • 2014発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

書評・紹介

  • 好井裕明氏評(「図書新聞」2015年1月24日)
  • 「東京新聞」「中日新聞」2015年3月9日
  • 「佐賀新聞」2015年3月11日
  • 「ふぇみん」3086号、2015年4月

紹介文

佐賀県鳥栖(とす)市。
福島第一原発事故で故郷を強制的に追われた人、〈自主〉的に避難した人、避難を終えて戻っていった人……。迷いや葛藤を抱えながら鳥栖に移った母親たちが、人とつながり、支えられ、助け合い、紡いでいった6つの家族の〈避難とその後〉の物語。


私たちは、「物語」が熟するタイミングで鳥栖のお母さんたちに出会うことができた。「誰かのためにではなく、自分のために」語られた「物語」に最初に触れることができた。そしていま、この本を手にとってくださっている「あなた」に届けることができるのは、ちょっとした奇跡だと思う。 ――――編者

目次

プロローグ 六つの「物語(ナラティヴ)」が生まれるまで…………関 礼子

1 革作家の「物語」…………福島県浪江町 Kinari(二〇代)

2 四人の家族と四つのふるさとの「物語」…………福島県郡山市 岩手生まれのママ(二〇代)

3 常盤家の「物語」…………福島県いわき市 常盤裕子(二〇代)

4 ホットスポットから避難した家族の「物語」…………千葉県市川市 ママ(二〇代)

5 イチゴ農家の「物語」…………北関東 ママ(四〇代)

6 小柳家の「物語」…………福島県福島市 小柳直枝(三〇代)


〈避難をめぐる少し長めの解説〉
解説1 人を大切にしない「いま、ここ」――非自発的な自主避難…………関 礼子
解説2 鳥栖(セカンドホーム)に避難した母親(ピンクバード)たち…………関 礼子
解説3 心の「揺れ」と「やさしい紐帯」…………廣本由香


エピローグ 「物語」が響きあう社会空間=公共圏へ…………関 礼子

編者あとがき

著者紹介

関 礼子(セキ・レイコ)

1966年、北海道生まれ。立教大学社会学部教授。専門は環境社会学、地域環境論。 阿賀野川の新潟水俣病問題をフィールドワークした著作に、『新潟水俣病をめぐる制度・表象・地域』(東信堂、2003年)、『新潟水俣病問題――加害と被害の社会学』(共著、東信堂、1999年、新版2006年)、『水俣学講義 5』(共著、日本評論社、2012年)、『阿賀の記憶、阿賀からの語り――語り部たちの新潟水俣病』(関礼子ゼミナール編、新泉社、2016年)など。 福島県檜枝岐村の民俗誌編纂にかかわり、村人の暮らしとサンショウウオ漁に魅せられる(共著『なぜ環境保全はうまくいかないのか』新泉社、2013年)。 福島原発事故の避難問題を調査した著作に、『“生きる”時間のパラダイム――被災現地から描く原発事故後の世界』(編著、日本評論社、2015年)、『鳥栖のつむぎ――もうひとつの震災ユートピア』(共編著、新泉社、2014年)、『被災と避難の社会学』(編著、東信堂、2018年)など。 ほかの著作に、『環境の社会学』(共著、有斐閣、2009年)、『沖縄列島――シマの自然と伝統のゆくえ』(共著、東京大学出版会、2004年)など。

廣本 由香(ヒロモト・ユカ)

立教大学大学院社会学研究科博士課程後期課程在籍。2012年から佐賀県鳥栖市をはじめとする原発避難者の問題を調査。

関連書籍

  • 阿賀の記憶、阿賀からの語りFTP
  • マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きるFTP
  • 震災後の地域文化と被災者の民俗誌FTP
  • 無形民俗文化財が被災するということFTP