南関東・弥生時代のムラの姿 大塚・歳勝土遺跡
近刊

稲作が始まった頃、どんな暮らしをしていたか

シリーズ「遺跡を学ぶ」166

南関東・弥生時代のムラの姿 大塚・歳勝土遺跡

  • 高橋 健/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1700円+税
  • ISBN 978-4-7877-2336-9
  • 2024.07.01発行

紹介文

横浜市北部に位置する大塚・歳勝土遺跡は、集落の全体像がわかる稀有な事例である。ニュータウン建設の最中にみつかり、部分的に保存のかなったこの遺跡は、規模も出土品もごく〝ふつう〟のムラであった。その姿とは。あわせて、横浜市域の開発と遺跡調査の歴史もふり返る。

目次

プロローグ 大塚・歳勝土遺跡とは

第1章 環濠集落・大塚遺跡
1 ムラの立地と大きさ
2 ムラがあった時代
3 ムラのかたち
4 ムラに住んだ人びと

第2章 墓域・歳勝土遺跡
1 方形周溝墓とはなにか
2 歳勝土遺跡の方形周溝墓
3 歳勝土遺跡と大塚遺跡

第3章 弥生集落の研究へ
1 鶴見川・早渕川流域の弥生時代遺跡
2 集落をめぐる議論
3 稲作をめぐる問題

第4章 発掘から保存まで
1 戦後横浜の考古学
2 港北ニュータウン遺跡群の調査
3 大塚・歳勝土遺跡を残す

出版社からのコメント

横浜市営地下鉄「センター北」駅から歩いて約5分。現地は遺跡公園になり、隣接する横浜市歴史博物館でくわしい解説があります。

著者紹介

高橋 健(タカハシ・ケン)

1971年、フィリピン・ルソン島生まれ
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(文学)
横浜市歴史博物館学芸員をへて、現在、横浜ユーラシア文化館主任学芸員
おもな著作 『日本列島における銛猟の考古学的研究』北海道出版企画センター、『おにぎりの文化史』(横浜市歴史博物館監修)河出書房新社、『土偶を読むを読む』(共著)文学通信ほか

関連書籍

  • ビジュアル版 弥生時代ガイドブック
  • 邪馬台国時代のクニの都・吉野ヶ里遺跡FTP
  • 弥生集落像の原点を見直す・登呂遺跡FTP
  • 開発と考古学