侵略のアメリカ合州国史

侵略のアメリカ合州国史

〈帝国〉の内と外

  • 小倉 英敬/著
  • 四六判上製
  • 288頁
  • 2300円+税
  • ISBN 978-4-7877-0516-7
  • 2005発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

ヨーロッパ人のアメリカ到達以来の500余年は、その内側と外側で非ヨーロッパ社会を排除し続けた征服の歴史であった。気鋭のラテンアメリカ研究者が、先住民の浄化に始まる侵略の拡大プロセスを丹念に見つめ、世界をグローバルに支配する〈帝国〉と化した米国の行方を考える。

著者紹介

小倉 英敬(オグラ・ヒデタカ)

1951年、大阪府生まれ。1982年、青山学院大学大学院博士課程中退。 1986年、外務省入省。中南米局、在キューバ、ペルー、メキシコ大使館勤務を経て、1998年末退官。 神奈川大学外国語学部教授。 著書:『封殺された対話──ペルー日本大使公邸占拠事件再考』(平凡社、2000年) 『八王子デモクラシーの精神史──橋本義夫の半生』(日本経済評論社、2002年) 『アンデスからの暁光──マリアテギ論集』(現代企画室、2002年) 『侵略のアメリカ合州国史──〈帝国〉の内と外』(新泉社、2005年) 『メキシコ時代のトロツキー──1937―1940』(新泉社、2007年) 『マリアテギとアヤ・デ・ラ・トーレ──1920年代ペルー社会思想史試論』(新泉社、2012年) 『ラテンアメリカ1968年論』(新泉社、2015年)

関連書籍

  • ラス・カサスへの道FTP
  • ラテンアメリカ1968年論FTP
  • メキシコ時代のトロツキーFTP
  • マリアテギとアヤ・デ・ラ・トーレFTP