極彩色壁画の発見 高松塚古墳・キトラ古墳
新刊

高松塚壁画発見から50年。最新研究から古墳の実相をまとめる

シリーズ「遺跡を学ぶ」155

極彩色壁画の発見 高松塚古墳・キトラ古墳

  • 廣瀬 覚/著
  • 建石 徹/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-2135-8
  • 2022.03.21発行
  • [ 在庫あり ]

紹介文

現在、国内でたった二例の極彩色壁画をもつ高松塚古墳とキトラ古墳。両古墳は、いつどのようにして築かれたのか。なぜ壁画を描いたのか。最新の研究成果を盛り込み、考古学をはじめ文化財科学、美術史学、天文学など諸分野から壁画古墳築造の意義にせまる。

目次

第1章 極彩色古墳壁画の発見
1 高松塚古墳壁画の発見
2 キトラ古墳壁画の発見
コラム1 古墳の名称の由来

第2章 壁画発見の余波
1 高松塚古墳・キトラ古墳の特徴
2 考古学以外の学問分野への影響
3 飛鳥ブームの到来
コラム2 石室と石槨

第3章 壁画の保存をめぐって
1 高松塚古墳壁画のとり出しに至る経緯
2 キトラ古墳壁画のとり外しに至る経緯
コラム3 国宝修理装潢師連盟

第4章 近年の調査成果が語る新事実
1 古墳の構築過程
2 石室の構築技術
3 その他の考古学的成果
4 考古学以外の成果
コラム4 被葬者は誰か

第5章 未来に伝える
1 高松塚古墳・キトラ古墳の歴史的意義
2 未来に伝えるために
3 まとめ

参考文献

出版社からのコメント

実際に高松塚古墳・キトラ古墳の保存・修理・整備に関わった両著者による最高の解説本です。

著者紹介

廣瀬 覚(ヒロセ・サトル)

1975年、島根県生まれ
立命館大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期課程修了、博士(文学)
独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所都城発掘調査部飛鳥藤原地区 考古第一研究室長
主な著作 単著『古代王権の形成と埴輪生産』同成社 2015年、編著『特別史跡高松塚古墳発掘調査報告』文化庁ほか 2017年、単著「日韓の王陵および壁画古墳の比較研究序説」『日韓文化財論叢Ⅲ』奈良文化財研究所 2016年

建石 徹(タテイシ・トオル)

1969年、東京都生まれ
東京学芸大学大学院理科教育専攻(文化財科学コース)修了、博士(学術)
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所保存科学研究センター長、同機構 文化財防災センター副センター長を併任
主な著作 編著『特別展「キトラ古墳壁画」』朝日新聞社 2014年、共著『日本の古代国家誕生 飛鳥・藤原の宮都を世界遺産に』ブックエンド 2019年、共著『高松塚古墳壁画撮影物語』便利堂 2020年

関連書籍

  • 白虎消失