考古学研究法

考古学研究法

遺跡・遺構・遺物の見方から歴史叙述まで

  • 勅使河原 彰/著
  • B5判
  • 208頁
  • 3500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1310-0
  • 2013発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

具体的・実践的な考古学テキスト
考古学はたんなる“発見作業”ではない。 発掘調査等で得た“史料”をどのように分析・検討し,何を読み取るのか。 豊富な事例をあげて具体的にわかりやすく解説する,学生・考古学を本格的に勉強したい人必携の書。

目次

1 考古学とは何か
考古学の誕生/日本考古学の成立/考古学の位置づけ/考古学の定義

2 考古史料論
考古史料の分類/考古史料の収集と整理

3 史料批判的方法
形態論的研究/型式論的研究/層位論的研究/分布論的研究/編年論的研究/共存論的研

4 史料解釈
第1節 遺物論的方法
自然物論的研究/原材論的研究/製作・技術論的研究/機能・用途論的研究
第2節 遺構論的方法
第3節 遺跡論的方法

5 総 合
第1節 総合のための基礎的概念
生産力/生産関係/上部構造
第2節 時代区分論
時代区分の学史的整理/画期と時代区分

著者紹介

勅使河原 彰(テシガワラ・アキラ)

1946年東京都生まれ。明治大学文学部卒業。 文化財保存全国協議会常任委員。第2回尖石縄文文化賞、第13回藤森栄一賞受賞。 主な著書 『武蔵野の遺跡を歩く 都心編・郊外編』(共著)、『増補 縄文人の時代』(共著)、シリーズ「遺跡を学ぶ004 『原始集落を掘る 尖石遺跡』、同別冊03『ビジュアル版 縄文時代ガイドブック』、『縄文時代史』(以上、新泉社)、『縄文人は生きている』(共著、有斐閣)、『日本考古学史』(東京大学出版会)、『日本考古学の歩み』(名著出版)、『縄文文化』(新日本新書)、『埋もれた歴史を掘る』(編著、白鳥舎)、『縄文の素顔』(白鳥舎)、『歴史教科書は古代をどう描いてきたか』(新日本出版社)、『日本列島 石器時代史への挑戦』(共著、新日本出版社)ほか。