黒耀石の原産地を探る 鷹山遺跡群〔改訂版〕
新刊

2004年刊行の好評巻、その後の研究成果を盛り込む。

シリーズ「遺跡を学ぶ」別冊01

黒耀石の原産地を探る 鷹山遺跡群〔改訂版〕

  • 黒耀石体験ミュージアム/編
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1930-0
  • 2018.12.15発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

2018年選定の日本遺産、「星降る中部高地の縄文世界?数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅─」の中心遺跡。旧石器から縄文時代へと石器原料の黒耀石を近畿から東北地方までの広い地域に供給しつづけた、長野県・霧ヶ峰の黒耀石原産地帯。その一角、星糞峠の鷹山遺跡群で、旧石器時代の石器工場と縄文時代の黒耀石鉱山の発掘調査が進んでいる。広大な森林に眠っていた黒耀石流通基地の実態に迫る。

目次

第1章 星くずの里・鷹山
1 星糞峠の輝く黒い石
2 発掘調査の道のり
第2章黒耀石原産地遺跡群の全貌
1 黒耀石とは
2 旧石器時代の鷹山
3 縄文時代の鷹山
第3章石器づくりと流通
1 道具からくらしを考える
2 旧石器時代の石器づくりと流通
3 縄文時代の石器づくりと流通
第4章遺跡の保存と活用
1 黒耀石のふるさとを守る
2 体験学習の実践
3 信州黒耀石文化のメッセージ

出版社からのコメント

執筆を担当したのは、黒耀石体験ミュージアムの学芸員を長く勤め、当遺跡の発掘調査および子どもたちの考古学体験を活発におこなっている大竹幸恵さん。その活動は、尖石縄文文化賞や日本イコモス大賞の受賞など高く評価されています。

著者紹介

黒耀石体験ミュージアム(コクヨウセキタイケンミュージアム)

「黒曜石原産地 鷹山遺跡群・星糞峠黒曜石鉱山(国史跡)」からの発掘成果を、実際の石器・アニメーション・模型などでわかりやすく展示する長野県長和町立の博物館。また、石器作りや黒曜石を使ったアクセサリー・勾玉作り、縄文時代の代表的な織物(あんぎん織り)体験など、さまざまな体験を通して「古代の人々の暮らしを感じ学ぶ」ことができる。

関連書籍

  • 国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生・棚畑遺跡FTP
  • 国宝土偶「仮面の女神」の復元・中ッ原遺跡FTP
  • 諏訪湖底の狩人たち・曽根遺跡FTP
  • ビジュアル版 縄文時代ガイドブックFTP