マルクスと哲学

マルクスと哲学

方法としてのマルクス再読

  • 田畑 稔/著
  • A5判上製
  • 552頁
  • 4500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0400-9
  • 2004.06.30発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

〈もう一度〉マルクスを読む試み

21世紀の現実に対する思想の通路をラディカルに再敷設するために--。
哲学に対するマルクスの関係を、「マルクス主義哲学」の鎧を取り除きながら系統立てて読み解き、その現代的意味と限界、未来へとつなぐ途を考察する。
マルクス像の根本的変革を唱え、高く評価された前著『マルクスとアソシエーション』に続く渾身のマルクス再読作業。

目次

第1章 [哲学] 哲学に対するマルクスの関係
第2章 [意識] マルクス意識論の端初規定
第3章 [構想力] 解放論的構想力と実在的可能性
第4章 [唯物論] 「哲学の〈外への〉転回」の途上で
第5章 [移行1] 唯物論へのマルクスの移行
第6章 [移行2] パリ期マルクスと仏英の唯物論的共産主義
第7章 [批判] マルクスと「批判的唯物論的社会主義」
第8章 [物件化] 唯物論批判の論理と「物件化」
第9章 [国家] マルクス国家論の端初規定
補論1 [エンゲルス] エンゲルスによる「哲学の根本問題」導入の経緯
補論2 [国家哲学] 東ドイツ哲学の歴史的検証

著者紹介

田畑 稔(タバタ・ミノル)

1942年大阪市生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程哲学哲学史専攻単位取得退学。富山大学教養部助教授(哲学担当)、広島経済大学経済学部教授(倫理学担当)、大阪経済大学人間科学部教授(哲学、人間論担当)などを経て、季報『唯物論研究』編集長、大阪哲学学校世話人。主な著書に、『マルクスとアソシエーション』(新泉社、1994年、増補新版2015年)、『マルクスと哲学』(新泉社、2004年)、『人間科学の新展開』(共編著、ミネルヴァ書房、2004年)、『アソシエーション革命へ』(共編著、社会評論社、2003年)、『マルクス・カテゴリー事典』(共編著、青木書店、1998年)、『21世紀入門』(共著、青木書店、1999年)、『証言・唯物論研究会事件と天皇制』(共著、新泉社、1989年)、『企業モラルを哲学する』(共著、三一書房、1988年)など。