ネパール巡礼日記

〔山尾三省ライブラリー〕

ネパール巡礼日記

インド・ネパール巡礼日記2

  • 山尾 三省/著
  • 四六判上製
  • 500頁
  • 3000円+税
  • ISBN 978-4-7877-0882-3
  • 2012発行
  • [ 在庫あり ]
  • 野草社/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

1973年の年末から一年間、山尾三省は家族5人で、インド・ネパールのヒンドゥ教・仏教の聖地を巡礼した。祈りと思索の日々を克明に綴った当時の貴重な日記を今回はじめて刊行する。本巻には、インド・ダラムサラからネパール滞在中の日記を収録。ヒマラヤを仰ぐ静かな日々で祈りと思索はますます深まってゆく。

巻末に〈解説〉宮内勝典「永遠の道はまがりくねっている」収録。

「君達はこんな美しい土地に暮すことが出来て幸せだ、というと、彼はただ幸せなだけだ、と答えた。それはただ生きているだけだ、ということと同じである。美しい土地があり、豊かな人の心があり、何もかもすばらしくても、人はただその中で生きるだけである。幸せというものは常に人の心の内で願われ、幸せこそは人がその人生において求めるに値するものである。」(本文より)

目次

ダラムサラ
パタン
スワヤンブナート
ポカラ
ルンビニ
スワヤンブナート


〈解説〉
永遠の道は曲がりくねっている(宮内勝典)

著者紹介

山尾 三省(ヤマオ・サンセイ)

1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。1967年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。1973~74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。1975年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。1977年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去。著書 『聖老人』『アニミズムという希望』『リグ・ヴェーダの智慧』『南の光のなかで』『原郷への道』『水が流れている』『インド巡礼日記』『ネパール巡礼日記』『ここで暮らす楽しみ』『森羅万象の中へ』(以上、野草社)、『法華経の森を歩く』『日月燈明如来の贈りもの』(以上、水書坊)、『ジョーがくれた石』『カミを詠んだ一茶の俳句』(以上、地湧社)ほか 詩集 『びろう葉帽子の下で』『祈り』(以上、野草社)、『新月』『三光鳥』『親和力』(以上、くだかけ社)ほか