NoImage

わが鹿島

鹿島からの報告・第3集

  • 関沢 紀/著
  • 四六判
  • 232頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-9105-4
  • 1991発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

前作『住金十年住民一念』より10年。公害・人心荒廃・町政びらん・生活環境の悪化と、鹿島工業地帯の問題は尽きない。製鉄所の労働者として、地域住民として、労働と地域のこの10年を検証し、民話の掘り起しや子供との交流、自然環境を通して鹿島の明日を模索する。

著者紹介

関沢 紀(セキザワ・カナメ)

1944年生まれ。著書:『鹿島からの報告』(1975年、新泉社)、『住金十年住民一念――鹿島からの報告・第二集』(1981年、新泉社)、『鉄を喰う男たち』(小説、1988年、新泉社)、『わが鹿島――鹿島からの報告・第三集』(1991年、新泉社)、『なまずの石』(創作民話絵本、1994年、新泉社)、『なまず日和――鹿島からの報告・第四集』(2004年、新泉社)