なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか

なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか

グリーンな世界経済へ向けて

  • エドワード B. バービア/著
  • 赤石 秀之/監訳
  • 南部 和香/監訳
  • A5判
  • 284頁
  • 3000円+税
  • ISBN 978-4-7877-1305-6
  • 2013発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

国連環境計画(UNEP)が提案する、グリーンな世界経済復興プラン。
世界経済が経済的にも環境的にも持続可能な路線へ確実に移行するためにすべきことを広範な視点から提言する。

目次

第I部 なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか
1 導入:危機からの好機

第II部 グローバル・グリーン・ニューディールの重要な要件
2 炭素依存の低減
3 生態系の保護
4 発展途上経済が直面する課題
5 結論:優先される国内での取り組み

第III部 国際社会の役割
6 グローバル・ガバナンスの改善
7 資金調達の円滑化
8 貿易奨励策の強化
9 結論:優先される国際的な取り組み

第IV部 よりグリーンな世界経済へ向けて
10 要約:グローバル・グリーン・ニューディールの提案
11 グローバル・グリーン・ニューディールは成功するのか
12 グリーンな景気回復を越えて

著者紹介

エドワード B. バービア(Edward B. Barbier)

ワイオミング大学経済学部教授。専門は資源経済学および開発経済学。環境資源経済学者として25年以上のキャリアがあり、国連やOECD、世界銀行などで政策アナリストやコンサルタントとして携わる。 [主な著者] Natural Resources and Economic Development, Cambridge University Press, 2005., Scarcity and Frontiers: How Economies Have Developed Through Natural Resource Exploitation, Cambridge University Press,2011., A New Blueprint for a Green Economy(with Anil Markandya), 2012.

赤石 秀之(アカイシ・ヒデユキ)

法政大学経済学部助教。専門:環境経済学、公共経済学

南部 和香(ナンブ・カズカ)

青山学院大学社会情報学部助教。専門:環境経済学、計量経済学