海士伝3 海士に根ざす

グローバル社会を歩く9

海士伝3 海士に根ざす

聞き書き しごとでつながる島

  • 株式会社 巡の環/監修
  • 赤嶺 淳/編
  • 佐野 直子/編
  • A5判
  • 208頁
  • 1000円+税
  • ISBN 978-4-7877-1417-6
  • 2015発行
  • [ 在庫あり ]
  • グローバル社会を歩く研究会/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

地域を未来に繋ぐ「しごと」を生活の中に据え、必要な「かせぎ」を生むための仕事を回しながら、自分なりの「くらし」を確立する生き方と社会の未来像を求めて。全国の若者たちを魅了する「Iターンのまち」海士町のくらしを支える7人の「島守」のライフヒストリーを聞き書きする。

目次

第一部 つながりをつむぐ
やっぱりここがふるさとだから(浜見敏明さん・浜見優子さん)
「ほかの誰かが」ではいけない(田中久夫さん)
今日よりもっと(保野昌和さん・保野ひとみさん)
海が好きだから(西村坂男さん)

第二部 たすきをつなぐ
現場の声を聞く(上田正子さん)
二十四時間、医者(榊原均さん)
時代をつなく人間に(石塚芳秀さん)

第三部 おきひゃく2014をふりかえる
未知との出会い、未知への問い――おきひゃく2014観察ノート(浦田美紗子)
小さな一歩から未来へと(柴田紗緒莉)
新たな挑戦を行ってみて(阿部裕志)
聞くという経験、出会うというつながり――あとがきにかえて(佐野直子)

著者紹介

株式会社 巡の環(カブシキガイシャ メグリノワ)

海士町にある「まちづくり会社」。島に根付く「地域づくり事業」をはじめ、労働組合などが参加する人材育成研修・五感塾などの島から学ぶ「教育事業」、海士webデパートという特産品販売やAMAカフェというイベント、web制作などの島を伝える「メディア事業」の3つを基幹事業としている。 自分たちのほしい未来について学び実現化するための「島の学校」づくりに奮戦中。 おもな書籍:『僕たちは島で、未来を見ることにした』(木楽舎、2012年)、『海士伝 隠岐に生きる』(赤嶺淳監修、阿部裕志ほか編、新泉社発売、2013年)、『海士伝2』(赤嶺淳監修、巡の環編、新泉社発売、2014年)、『海士伝3』(巡の環監修、赤嶺淳・佐野直子編、新泉社発売、2015年)

赤嶺 淳(アカミネ・ジュン)

1967年、大分県生まれ。1996年、Ph.D.(フィリピン学、フィリピン大学)。一橋大学大学院社会学研究科教授。 専門は東南アジア地域研究、海域世界論、食生活誌学、フィールドワーク教育論。 主著:『ナマコを歩く――現場から考える生物多様性と文化多様性』(新泉社、2010年)、『グローバル社会を歩く――かかわりの人間文化学』(編著、新泉社、2013年)、Conserving Biodiversity for Cultural Diversity (Tokai University Press, 2013)、『クジラを食べていたころ――聞き書き 高度経済成長期の食とくらし』(編著、グローバル社会を歩く研究会、2011年)ほか。

佐野 直子(サノ・ナオコ)

1970年、東京都生まれ。名古屋市立大学大学院人間文化研究科准教授。 専門は社会言語学、ヨーロッパの少数言語・オクシタン語研究。 おもな著作:『社会言語学のまなざし』(三元社、2015年)、「言語を「文化遺産」として保護するということ」(赤嶺淳編『グローバル社会を歩く』新泉社、2013年)、『海士伝3 海士に根ざす』(共編、新泉社発売、2015年)ほか

関連書籍

  • 海士伝 隠岐に生きるFTP
  • 海士伝2 海士人を育てるFTP