NoImage

慰安婦・強制連行 責任と償い

日本の戦後補償への国際法と国連の対応

  • 国際人権研究会/編
  • 四六判
  • 312頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-9304-1
  • 1993発行
  • [ 在庫僅少 ]
  • 書店サイトへ

紹介文

戦後50年の歳月を経てから、なぜ従軍慰安婦問題がクローズアップされたのか。端緒となった国連人権小委員会の活動、国際社会での本問題に対する反応、法的根拠を解説し、世界的に見て慰安婦強制の犯罪の本質はなにか、日本はどう責任をとるべきなのかを明らかにする。

著者紹介

国際人権研究会(コクサイジンケンケンキュウカイ)