NoImage

差別社会の前衛

マージナリティ理論の研究

  • H・デッキー=クラーク/著
  • 今野 敏彦/訳
  • 寺門 次郎/訳
  • 四六判
  • 360頁
  • 1200円+税
  • ISBN 978-4-7877-7303-6
  • 1973発行
  • [ 在庫僅少 ]
  • 書店サイトへ

紹介文

帰属社会のないカラードの極度の内面的葛藤・情緒不安定・異常なまでの自己意識の高揚は、現代人の精神構造と密接な関連性がある。本書は南アフリカ共和国ケープ地方での調査に基づき、少数者集団のマージナル理論の総検討を試み、現代人に新たな課題と視角を提示。

著者紹介

H・デッキー=クラーク(Hデッキークラーク)

今野 敏彦(コンノ・トシヒコ)

1935年東京生まれ。社会学者。専攻は社会学・教育社会学(人権・差別問題)。
東京学芸大学卒業、東洋大学大学院社会学研究科博士課程中退。東海大学文学部教授、三重大学人文学部教授、四国学院大学社会学部教授、東海大学教育研究所教授。1977-78年に米ニュージャージー州立ラトガース大学客員教授を歴任。
主な著書 『近代教育の天皇制イデオロギー』(共著、新泉社)、『大正・昭和教育の天皇制イデオロギー 1、2』(共著、新泉社)、『移民史 1~3』(共編著、新泉社)、『偏見の文化 その虚像と実像』(新泉社)ほか多数。訳書に、ルイス・ワース『ユダヤ人と疎外社会 ゲットーの原型と系譜』(新泉社)、H.デッキー=クラーク『差別社会の前衛』(共訳、新泉社)、レオナルド・ブルーム『人種差別の神話』(新泉社)、J.カールソン『白の暴風 南ア法廷闘争の全貌』(共訳、新泉社)ほか多数。

寺門 次郎(テラカド・ジロウ)