歌っておくれ、ビオレッタ

歌っておくれ、ビオレッタ

証言で綴るチリ・フォルクローレ歌手の生涯

  • シュベールカソー他/編著
  • 平井 征夫/訳
  • 首藤 順子/訳
  • 四六判
  • 256頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-8817-7
  • 1988発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

中南米の革命は、音楽とともにやってくるといわれる。農民や労働者にとって、社会正義を求める自己表現の最大の武器は、自らが生み育てているフォルクローレであった。その復興に生涯をかけたチリの国民的歌手ビオレッタ=パラの人生を自作の詞を織りまぜて綴る。

著者紹介

シュベールカソー他(シュベールカソーホカ)

平井 征夫(ヒライ・ユキオ)

首藤 順子(スドウ・ジュンコ)