NoImage

大路

朝鮮人の上海電影皇帝

  • 鈴木 常勝/著
  • 四六判
  • 328頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-9406-2
  • 1994発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

1910年日韓併合の年に生まれ、1930年代の上海で映画のトップスターになった朝鮮人・金焔。関係者のインタビューを通して彼の足跡を明らかにしながら、抗日戦争・朝鮮戦争・文化大革命と、時代の激流を生き抜いてきた中国の映画人の歴史と人生を明らかにする。

著者紹介

鈴木 常勝(スズキ・ツネカツ)

1947年生まれ。大阪市の部落解放子ども会指導員、社会教育主事補を経て、82年から85年にかけて、北京、上海に留学、中国語、中国医学、中国映画を勉強する。現在、街頭での紙芝居師、大学講師など。
主な著書 『上海コロッケ横丁』、『大路(タールー)朝鮮人の上海電影皇帝』、『上海裏町ブギウギ かみしばい中国漫遊』(以上、新泉社)、『紙芝居は楽しいぞ!』(岩波ジュニア新書)、『戦争の時代ですよ! 若者たちと見る国策紙芝居の世界』(大修館書店 )ほか。