NoImage

「進め社」の時代

大正デモクラシーの明暗

  • 樋口 喜徳/著
  • 四六判上製
  • 212頁
  • 1700円+税
  • ISBN 978-4-7877-9308-9
  • 1993発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

大正期の唯一最大のプロレタリア・ジャーナリズムであった「進め社」と雑誌「進め」は、主宰者・福田狂二が昭和になって国家社会主義・日本精神主義へと歩んだため、のちの現代史から抹殺されてしまった。日本社会主義搖籃期の空白を、元社員であった著者が明らかにする。

著者紹介

樋口 喜徳(ヒグチ・ヨシノリ)