NoImage

家永豊吉と明治憲政史論

アメリカから見た帝国憲法制定への歩み

  • 太田 雅夫/編著・監訳
  • 太田 雅夫/訳
  • 梅森 直之/訳
  • 中川 志世美/訳
  • A5判上製
  • 304頁
  • 7000円+税
  • ISBN 978-4-7877-9607-3
  • 1996発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

明治帝国憲法が発布されてすぐ、太平洋を越えたアメリカの大学で日本の憲法発布記念祝賀会が催された。その祝賀会で「大日本帝国憲法への道程」という講演を行ったのが家永豊吉である。彼の生涯を追いながら、アメリカから見た近代日本国家形成の過程を考察する。

著者紹介

太田 雅夫(オオタ・マサオ)

1931年生まれ。立命館大学大学院法学研究科修士課程修了。
同志社大学人文科学研究所助教授、桃山学院短期大学学長、シカゴ大学客員研究員などを歴任。

太田 雅夫(オオタ・マサオ)

1931年生まれ。立命館大学大学院法学研究科修士課程修了。
同志社大学人文科学研究所助教授、桃山学院短期大学学長、シカゴ大学客員研究員などを歴任。

梅森 直之(ウメモリ・ナオユキ)

早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。早稲田大学政治経済学術院教授。

中川 志世美(ナカガワ・シヨミ)