NoImage

「コロキウム」第2号

コロキウム‐現代社会学理論・新地平 No.2

特集 グローバル化とアジア社会の諸相

  • 東京社会学インスティチュート/編
  • A5判
  • 170頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0614-0
  • 2006発行
  • [ 在庫あり ]
  • 東京社会学インスティチュート/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

〔特集 グローバル化とアジア社会の諸相〕ブライアン・バーナー「人権革命の宗教的基盤」、アンドレ・ベテイ「市民社会と善き社会」、周暁紅「中国の中産階級」、西原和久「グローバル化時代の日本社会」、〔小特集 身体論〕他
東京社会学インスティチュート発行

著者紹介

東京社会学インスティチュート(トウキョウシャカイガクインスティチュート)

社会学者を中心とした多くの研究者の協力のもとに設立された研究所。グローバル化する現代社会を研究対象として、社会学を中心に多面的なアプローチを試み、また、その研究成果をもとに積極的に発言しながら、世界とりわけアジアのひとびととの共生へ向けて活動する。機関誌『コロキウム』発行。