経験の社会学

経験の社会学

  • フランソワ・デュベ/著
  • 山下 雅之/監訳
  • 濱西 栄司/訳
  • 森田 次朗/訳
  • A5判
  • 304頁
  • 2800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1010-9
  • 2011発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

フランスの代表的社会学者アラン・トゥレーヌの後継者、フランソワ・デュベの理論的主著。都市・若者暴動などの調査に基づいて、従来の社会理論を総合的に捉え直し、それを乗り越えるために提起された問題作。
〈社会的排除〉 と〈社会の解体〉を生きる、われわれの経験と主体性をリアルに描き出す。

目次

序論

第1章 行為者はシステムである
古典的社会学/社会的行為者は個人である/社会の概念

第2章 古典的モデルの変容
社会という観念の危機/個人の批判/行為のいくつかのパラダイム

第3章 社会的経験と行為
社会的経験/行為の諸論理

第4章 社会的経験からシステムへ
行為からシステムへ/炸裂した階級の行為/学校とは制度か?

第5章 行為者のワーク
分割された行為者/経験と排除/学校的経験/高校生たちと大学生たち/炸裂した社会運動

第6章 社会学者と行為者の間
不可能な切断と本当らしさ/組織立った討論/行為者たちと社会学者たち

結論
行為から経験へ/経験の社会学とは社会学の実践である/社会的経験と民主主義

著者紹介

フランソワ・デュベ(Francois Dubet)

1946年生まれ。ボルドー第二大学名誉教授、社会科学高等研究院研究主任、社会学的介入・分析センター(CADIS)メンバー、エミール・デュルケム・センター研究員、国際社会学会RC47元会長(1998-2002年)。専門領域は、教育社会学、社会問題論、社会運動論、社会制度論など。アラン・トゥレーヌによる新しい社会運動(反原発運動、地域主義運動など)への社会学的介入調査にコアメンバーとして参画し、その後は郊外移民二世や高校生に関する研究で知られている。

山下 雅之(ヤマシタ・マサユキ)

京都大学大学院文学研究科博士課程修了 パリ第4大学社会学博士現在、近畿大学文芸学部教授 専門領域は社会学理論

濱西 栄司(ハマニシ・エイジ)

1977年京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学博士(文学)。ノートルダム清心女子大学文学部准教授。専門領域:社会学理論、社会運動論、社会集団・組織論。主な著訳書 「サミット・プロテストの全体像とメカニズム」(野宮大志郎・西城戸誠編『サミット・プロテスト──グローバル化時代の社会運動』新泉社、2016年)、「後期トゥレーヌの脱近代化論──モダニティをめぐる諸理論と現代アジア」(田中紀行・吉田純編『モダニティの変容と公共圏』京都大学学術出版会、2014年)、「新しい社会的リスクと日本型ソーシャル・ガヴァナンス──社会的企業聞き取り調査の分析を中心に」(共生型経済推進フォーラム編『誰も切らない、分けない経済──時代を変える社会的企業』同時代社、2009年)、〔共訳〕フランソワ・デュベ『経験の社会学』(新泉社、2011年)、〔共訳〕フランソワ・デュベ『教えてデュベ先生、社会学はいったい何の役に立つのですか?』(新泉社、2014年)ほか。

森田 次朗(モリタ・ジロウ)

京都大学大学院文学研究科社会学専修博士後期課程在籍