ルーマン 社会システム理論

ルーマン 社会システム理論

  • ゲオルク・クニール/著
  • アルミン・ナセヒ/著
  • 舘野 受男/訳
  • 池田 貞夫/訳
  • 野﨑 和義/訳
  • A5判
  • 248頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-9523-6
  • 1995発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

ますます細分化していく社会の中で、全体をどうとらえるのか。広範な知の領域で論争を喚起し、また「難解さ」で知られるルーマンのシステム理論を分析、わかりやすく解説したはじめての書。システム理論のパラダイム転換を提起したルーマン理論の全体像を解明する。

著者紹介

ゲオルク・クニール(Georg Kneer)

1960年ドイツ・シュヴァルトメッケ生まれ。哲学博士。社会学、政治学、近代史の研究を行う。社会学理論、社会理論、文化社会学、人口移動論などの分野で広範な学際的研究に従事している。

アルミン・ナセヒ(Armin Nassehi)

1960年生まれ。ミュンヘン大学教授、同社会学研究所所長。専門:理論社会学、知識社会学、文化社会学 主な著書 『ルーマン/社会システム理論』(共著、新泉社)、「宗教と道徳」「国会の政治か社会の政治か?」(『宗教システム/政治システム』新泉社所収)ほか。

舘野 受男(タテノ)

1929年生まれ。東京文理科大学哲学科卒業。元敬愛大学教授。

池田 貞夫(イケダ・サダオ)

1931─2008年。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。 元中央大学経済学部教授。 専攻:社会哲学

野﨑 和義(ノザキ・カズヨシ)

1953年生まれ。中央大学大学院法学研究科博士課程満期退学。 九州看護福祉大学教授。