NoImage

病から古代を解く 〔改訂版〕

改訂版『大同類聚方』探索

  • 槇 佐知子/著
  • 四六判上製
  • 288頁
  • 2300円+税
  • ISBN 978-4-7877-0003-2
  • 2000発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

日本最古の医薬事典『大同類聚方』(808年)には、神功皇后のつわりを治した武内宿祢の処方、大和朝廷の黒幕・阿知王の処方など、古代史の登場人物がつぎつぎに姿をあらわす。『大同類聚方』を全訳精解した著者が、その作業の中から、古代史の謎に解読の光をあてる。

著者紹介

槇 佐知子(マキ・サチコ)

作家、古代史研究家。静岡県生まれ。作家瀧井孝作の推薦で作品を「心」(平凡社)に発表。そのかたわら独学で『医心方』『大同類聚方』を全訳。『全訳精解大同類聚方』で菊池寛賞、エイボン功績賞受賞。 主な著書 『全訳精解大同類聚方』(普及版、新泉社)、『病から古代を解く』(新泉社)、『『医心方』事始 』(藤原書店)、『医心方の世界 』(人文書院)、『医心方』(全33冊、筑摩書房)