NoImage

伽耶国と倭地 〔新装〕

韓半島南部の古代国家と倭地進出

  • 尹 錫暁/著
  • 兼川 晋/訳
  • 四六判上製
  • 312頁
  • 2800円+税
  • ISBN 978-4-7877-0006-3
  • 2000発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

伽耶(かや)とは朝鮮海峡をはさんでひとつの広域海上文化圏と呼ぶべきものを作った強国であった。倭には九州と大和に別の王朝があり、邪馬台国や倭の五王など、古くから韓半島や中国と通交した倭の実体は、九州の筑紫を中心にして伽耶国を本国と考える九州王朝であった。

著者紹介

尹 錫暁()

兼川 晋(カネカワ・ススム)

1929年、広島県生まれ。広島大学文学部卒業。 1958年からテレビ西日本勤務。89~94年、九州芸術工科大学、福岡県立大学、福岡女子短期大学等で非常勤講師を勤める。 主な著書 『百済の王統と日本の古代─“半島”と“列島”の相互越境史─』不知火書房、訳書『韓半島からきた倭国』『伽耶国と倭地』(新泉社)