国宝「火焔型土器」の世界・笹山遺跡
新刊

シリーズ「遺跡を学ぶ」124

国宝「火焔型土器」の世界・笹山遺跡

  • 石原 正敏/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-1834-1
  • 2018発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

ダイナミックな突起とうねるような文様が器面をおおい、縄文土器の頂点とされる火焔型土器。それが質・量ともに豊富に出土した、世界有数の豪雪地帯である新潟県十日町市の笹山遺跡は、火焔型土器の造形美や変遷、生み出した縄文人の集落や生活を知るうえで貴重な遺跡である。

目次

第1章 笹山物語
1 火焔型土器の発見
2 姿をあらわしたムラ
3 縄文土器では最初の国宝に

第2章 火焔型土器を解読する
1 火焔型土器とは
2 火焔型土器の種類
3 火焔型土器の装飾
4 火焔型土器の系譜
5 火焔型土器は何に使ったのか

第3章 雪と信濃川が育んだ文化
1 火焔型土器のクニ
2 雪と信濃川が育む

第4章 笹山縄文人の暮らし
1 生業を語る石器
2 生活を彩る道具
3 笹山縄文人の四季
4 火焔型土器にみる縄文人のエネルギー

第5章 笹山遺跡の今
1 地震を乗り越えて
2 学術調査の取り組み
3 火焔の都をめざして

著者紹介

石原 正敏(イシハラ・マサトシ)

1962年、新潟県生まれ。新潟大学大学院人文科学研究科修了(文学修士)。 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課参事・課長補佐(博物館参事・副館長)。 主な著作 「諸磯c式土器再考」『新潟史学』22、「新潟県における洞穴・岩陰遺跡研究の現状と今後の課題」『新潟考古』1、「アメリカ式石鏃再考」『考古学と遺跡の保護』、「豪雪地帯に生まれた文化─火焔土器の世界─」『知っておきたい新潟県の歴史』(新潟日報事業社)、「「火焔型土器のクニ」から」『東北学05』(はる書房)など