日本海を望む「倭の国邑」・妻木晩田遺跡

シリーズ「遺跡を学ぶ」111

日本海を望む「倭の国邑」・妻木晩田遺跡

  • 濱田 竜彦/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-1631-6
  • 2016発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

「魏志倭人伝」冒頭の一節「倭人は帯方の東南大海の中にあり、山島によりて国邑(こくゆう=大きな村)をなす」を彷彿とさせる大集落が、鳥取県西部の霊峰・大山のふもとで発見された。弥生時代後期~終末期に日本海を望む丘に繁栄した「妻木晩田(むきばんだ)村」にせまる。

目次

第1章 よみがえる倭の国邑
   1 日本海を望む弥生の大集落
   2 妻木晩田遺跡の歴史的環境
   3 妻木晩田遺跡の発見
   4 「妻木晩田」村三〇〇年の盛衰

第2章 集落のはじまり
   1 平野から丘陵へ
   2 集住のはじまり
   3 洞ノ原墳丘墓群と環濠

第3章 山陰地方最大規模の集落へ
   1 国邑への成長
   2 村の中枢となる居住単位
   3 仙谷墳丘墓群
   4 鉄器の製作と流通

第4章 「妻木晩田」村の終焉
   1 集落規模の縮小
   2 「妻木晩田」村の中興と松尾頭墳丘墓群
   3 「妻木晩田」村の終焉
   4 古墳時代の幕開け

著者紹介

濱田 竜彦(ハマダ・タツヒコ)

1969年、山口県下松市生まれ。関西大学大学院文学研究科史学専攻博士課程前期課程修了。 鳥取県教育委員会文化財課、鳥取県立むきばんだ史跡公園を経て、現在、鳥取県埋蔵文化財センター係長。 主な著作 共編『日本海を望む弥生の国々─環濠から見える弥生社会とは─』編集工房遊、「伯耆地域における弥生時代中期から古墳時代前期の集落構造」(『弥生の大型建物とその展開』サンライズ出版)、「山陰地方における弥生時代集落の立地と動態─大山山麓・中海南東岸地域を中心に─」(『古代文化』58-Ⅱ)、「山陰地方の弥生集落像」(『国立歴史民俗博物館研究報告』149)ほか。