北近畿の弥生王墓・大風呂南墳墓

シリーズ「遺跡を学ぶ」108

北近畿の弥生王墓・大風呂南墳墓

  • 肥後 弘幸/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-1538-8
  • 2016発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

丹後半島の付け根、日本三景の一つ天橋立をのぞむ丘陵上の弥生墳墓から、全国的に珍しいライトブルーの輝きを放つガラスの腕輪が出土した。鉄製武器も副葬し大陸とのかかわりがうかがえる“王墓”から、弥生時代の北近畿に生まれいづる「クニ」の姿を追究する。

目次

第1章 蒼きガラスの腕輪
1 天橋立を見下ろす丘陵
2 ライトブルーのガラス釧

第2章 北近畿の「王」の墓
1 大風呂南墳墓の発掘
2 華やかな副葬品
3 被葬者をさぐる

第3章 王墓への道──弥生中期
1 丘陵の上の墳墓
2 集落のなかの墳墓
3 日本海側に広がる方形貼石墓

第4章 王墓の展開──弥生後期
1 弥生王墓の誕生
2 三者三様の墳墓
3 北近畿独自の土器供献儀礼
4 最後の弥生王墓

第5章 東アジアのなかの北近畿
1 中国の歴史書が語る倭のクニグニと北近畿
2 大和王権誕生後の北近畿

著者紹介

肥後 弘幸(ヒゴ・ヒロユキ)

1962年大阪府生まれ。大阪市立大学法学部卒業。 1985年京都府教育委員会採用、(財)京都府埋蔵文化財調査研究センター、京都府教育庁文化財保護課、京都府立山城郷土資料館に勤務。 現在 公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター総務課長。 主な著作(いずれも共著) 近畿弥生の会編『墓制から弥生社会を考える』(六一書房)、『宮津市史』通史編上巻、京丹後市史本文編『図説京丹後市の歴史』、広瀬和雄編『季刊考古学別冊10 丹後の弥生王墓と巨大古墳』(雄山閣)ほか。