「旧石器時代」の発見・岩宿遺跡

シリーズ「遺跡を学ぶ」100

「旧石器時代」の発見・岩宿遺跡

  • 小菅 将夫/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1340-7
  • 2014発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

戦後まもなく、相沢忠洋が赤城山麓の村々を行商しながら関東ローム層中から発見した石器は、日本列島に「旧石器時代」=岩宿時代という人類最古の時代があったことをはじめて実証した。その後の調査もふまえ石器群から当時の生活を復元し、岩宿の意義を再考する。

「時代が「何万年さかのぼる」といった古さくらべではなく、石器をもって生活していた人類史の・最初・の時代が日本列島にあったこと、その研究の扉を押しひろげて「原始世界を拡張」したことは、ほかの遺跡では代えることができない、岩宿遺跡のもっとも中心となる意義なのである。」

目次

第1章 「岩宿」の発見
1 相沢忠洋と「岩宿」の発見
2 ついに赤土から石器を発掘!

第2章 岩宿遺跡とは何か
1 岩宿の地形と地層
2 三つの文化層
3 「岩宿時代」の確立

第3章 乖離してゆく研究
1 「前期旧石器時代」存否論争
2 岩宿の真実を求めて

第4章 石器文化の変遷
1 「岩宿時代」の時期区分
2 岩宿・石器文化の石器
3 岩宿・石器文化の石器
4 岩宿・石器文化の石器

第5章 岩宿の人類史
1 生活復元をめざす
2 狩猟生活の現場
3 岩宿遺跡の実像

第6章 岩宿遺跡のこれから

著者紹介

小菅 将夫(コスゲ・マサオ)

1960年、群馬県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士前期課程修了。
現在、みどり市岩宿博物館館長。
主な著作 シリーズ「遺跡を学ぶ」030『赤城山麓の三万年前のムラ・下触牛伏遺跡』(新泉社)、シリーズ「遺跡を学ぶ」100『旧石器時代」の発見 岩宿遺跡』(新泉社)、『群馬の旧石器』(共著、みやま文庫)、「環状ブロック群の構造」(『考古学ジャーナル』465号)、「環状ブロック群研究の現状と課題」(『旧石器人たちの活動をさぐる』)ほか