北の自然を生きた縄文人・北黄金貝塚

シリーズ「遺跡を学ぶ」97

北の自然を生きた縄文人・北黄金貝塚

  • 青野 友哉/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1337-7
  • 2014発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

北海道南西部、噴火湾をのぞむ北黄金の丘で、累々と積みかさなったカキ・ホタテ・ハマグリの貝殻とともに、死者を篤く葬った墓やシカの頭骨を祀った儀礼の跡がみつかった。環境の変化のなかで多様な食料資源を利用し、自然に祈りを捧げた縄文人のこころに迫る。

目次

第1章 縄文の風吹く丘
1 噴火湾と北黄金
2 縄文の丘での出会い
3 伊達高校郷土研究部
4 北黄金貝塚の発掘

第2章 移りゆく貝塚を追う
1 縄文海進と海退
2 自然とともに生きる

第3章 縄文人のこころに迫る
1 なぜ貝塚に墓があるのか
2 人骨が語るもの
3 動物儀礼
4 水場の祭祀

第4章 縄文人の暮らしに迫る
1 縄文人の食卓
2 祭亜と贈り合い
3 小さな集落

第5章 北黄金貝塚のこれから
1 市民参加の公園
2 市民学としての考古学

著者紹介

青野 友哉(アオノ・トモヤ)

1972年北海道小樽市生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。 現在、伊達市噴火湾文化研究所学芸員。 主な著作 『墓の社会的機能の考古学』同成社、「続縄文文化と弥生文化」『講座日本の考古学5 弥生時代(上)』青木書店、「貝塚文化はいつまで続いたか─変容しつつ受け継がれた文化─」『縄文人はどこへいったか?』インテリジェントリンクほか。