筑紫君磐井と「磐井の乱」・岩戸山古墳

シリーズ「遺跡を学ぶ」94

筑紫君磐井と「磐井の乱」・岩戸山古墳

  • 柳沢 一男/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1334-6
  • 2014発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

古墳時代最大の内乱「磐井(いわい)の乱」の当事者、筑紫君磐井の墓である岩戸山古墳は、武人・力士・馬などをかたどった多くの石製品で飾られていることでも有名だ。北部九州から朝鮮半島の古墳も視野に入れ、継体王権と磐井の関係、磐井の乱の実像にせまる。

目次

第1章 筑紫君磐井の墓
 1 奈良時代の史書に記録された古墳
 2 磐井墓探しの歴史

第2章 岩戸山古墳の実像
 1 南筑後の古墳と岩戸山古墳
 2 八女の首長墓系列
 3 北部九州最大の岩戸山古墳

第3章 石製表飾の語るもの
 1 石製表飾と石人石馬
 2 甲冑形石製品の盛行
 3 多様な石製品の登場
 4 岩戸山古墳の石製表飾
 5 岩戸山古墳以後の石製表飾

第4章 敵か味方か? 磐井と継体
 1 文献にみる「磐井の乱」
 2 有明首長連合の形成と衰退
 3 九州勢力の再結集─継体王権との連携

第5章 朝鮮半島情勢と「磐井の乱」
 1 朝鮮半島の倭系古墳
 2 「磐井の乱」の要因

第6章 律令国家への道
 1 九州諸勢力の動向
 2 ミヤケの設置

著者紹介

柳沢 一男(ヤナギサワ・カズオ)

1947年群馬県生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。宮崎大学名誉教授。主な著作 シリーズ「遺跡を学ぶ」010『描かれた黄泉の世界・王塚古墳』同094『筑紫君磐井と「磐井の乱」・岩戸山古墳』(以上、新泉社)、「日本における横穴式石室受容の一側面」『清溪史学』16・17合併号(ソウル)、「複室構造横穴式石室の形成過程」『新世紀の考古学』纂修堂、「九州古墳時代の展開」『新版古代の日本3』角川書店、「古墳の変質」『古代を考える 古墳』吉川弘文館、ほか。