大配石と異形の土偶 金生遺跡
近刊

1万年以上つづいた縄文時代最後を彩った集落

シリーズ「遺跡を学ぶ」146

大配石と異形の土偶 金生遺跡

  • 新津 健/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-2036-8
  • 2020.08.10発行
  • 書店サイトへ

紹介文

大きな窓のような目、長く突き出た口、踏んばった両脚に直接顔面がのるような姿──この異形の土偶や大きな石棒などをとり込んだ、河原のような累々たる石の群れが、八ヶ岳南麓の水田の下から出土した。縄文中期の繁栄がすぎさった中部高地の縄文最後の光芒を描く。

目次

第1章 金生遺跡の発見
1 八ヶ岳南麓に縄文後・晩期の遺跡が
2 富士山を望む地
第2章 あらわれた大配石遺構
1 石をめぐらす住居の出現
2 祈りの場──1号配石
3 石棒と石剣──4号・5号配石
4 金生最後の配石──2号・3号配石
5 配石墓
6 金生ムラの変遷
第3章 縄文後・晩期の祭祀
1 石への祈り
2 異形の土偶
3 土製耳飾り
4 イノシシと祭祀
第4章 縄文晩期の情景
1 山岳遠望
2 縄文後・晩期集落と広域交流
3 古代中国との交流を考える
4 晩期終末のムラ
第5章 よみがえる金生遺跡
1 配石と住居の復元
2 史跡公園と考古資料館

出版社からのコメント

国宝「縄文ビーナス」を生み出した縄文中期の八ヶ岳山麓は「縄文王国」と呼ばれるように繁栄しますが、後期になると気候変動によるものか集落が激減します。その後の晩期にあらわれた金生遺跡は普通の集落ではなく、そして土偶も特異な姿になって・・・。

著者紹介

新津 健(ニイツ・タケシ)

1949年、山梨県生まれ。
上智大学大学院修士課程文学研究科史学専攻修了。
元山梨県埋蔵文化財センター所長。現在、昭和測量株式会社文化財調査課研究顧問、山梨英和大学非常勤講師。
専門分野 考古学(縄文時代)、文化財保護(史跡・景観関係)。
おもな著作 『猪の文化史』(考古編、歴史編、雄山閣)、『新版 山梨の遺跡』(山梨県考古学協会編共同執筆、山梨日日新聞社)、「土偶付土器の実態と出現の背景」『縄文時代』第30号(縄文時代文化研究会)ほか。

関連書籍

  • 国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生・棚畑遺跡FTP
  • 国宝土偶「仮面の女神」の復元・中ッ原遺跡FTP
  • 原始集落を掘る・尖石遺跡
  • 縄文土偶ガイドブックFTP