鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺

シリーズ「遺跡を学ぶ」52

鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺

  • 福田 信夫/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0932-5
  • 2008発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

奈良時代の中頃、天然痘の流行、飢饉、藤原広嗣の乱など王権の危機に直面した聖武天皇は、各国に国分寺の建立を命じた。そして都からはるか遠く離れた武蔵国に、諸国の国分寺のなかでも最大の規模をほこる僧寺・尼寺が造営された。大伽藍の威容とその変遷を語る。

目次

第1章 「国華にふさわしい好処」に建つ
1 曠遠(こうえん)なる国の国分寺
2 国分寺造営の背景
第2章 江戸時代に始まる探究
1 江戸時代の地誌ブーム
2 科学的調査の出発点

第3章 武蔵国分寺を掘る
1 発掘調査が始まる
2 大伽藍の範囲
3 尼寺跡の調査
4 東山道武蔵路

第4章 大伽藍の威容とその変遷
1 寺跡の構造
2 武蔵国分寺の変遷
3 武蔵国分寺の規模
4 付属諸院
5 武蔵国分寺の古瓦

第5章 歴史のまち国分寺
1 歴史公園
2 僧寺跡の保存整備

著者紹介

福田 信夫(フクダ・ノブオ)

1951年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。東京都国分寺市教育委員会で埋蔵文化財保護行政、国指定史跡武蔵国分寺跡の保存整備に携わる。現在、同教育部ふるさと文化財課課長。 主な著作 「武蔵国分寺と古代道路」『古代文化』第49巻第8号、「武蔵国分寺の規模」『考古学ジャーナル』第364号、「武蔵国分寺跡の史跡整備─国分寺市立歴史公園武蔵国分尼寺跡の完成まで─」『歴史的環境の形成と地域づくり』、「武蔵国分寺七重塔と史跡整備計画について」『武蔵野』第81巻第1号、「武蔵国分尼寺跡の発掘調査と保存整備事業」『古代武蔵の国府・国分寺を掘る』学生社ほか。