律令国家を支えた地方官衙・弥勒寺遺跡群

シリーズ「遺跡を学ぶ」46

律令国家を支えた地方官衙・弥勒寺遺跡群

  • 田中 弘志/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0836-6
  • 2008発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

『古事記』『日本書紀』に登場する美濃の伝統的地方豪族ムゲツ氏は、壬申の乱で大海人皇子の勝利に貢献したが、その後は中央政界には進出せず、地方行政に専念する。郡庁院や正倉院が建ち並ぶ郡衙遺跡から、地方豪族が律令官人へ変容する過程とその活動の実態を追う。

目次

第1章 壬申の乱とムゲツ氏
1 壬申の乱
2 美濃の豪族
第2章 氏寺「弥勒寺」
1 弥勒寺跡の調査
2 「弥勒寺」の伽藍
第3章 美濃国武義郡衙
1 整然と配置された郡庁院の殿舎
2 建ち並ぶ倉―正倉院
3 郡衙以前の建物群
第4章 水の祭祀
1 弥勒寺西遺跡の発見
2 美濃ではじめて出土した古代木簡
3 ムゲツ氏と水の祭祀
4 「弥勒寺」とのかかわり
第5章 地方豪族から律令官人へ
1 浮かびあがる「弥勒寺」建立前後の歴史
2 律令制を見える形に
3 弥勒寺の法灯

著者紹介

田中 弘志(タナカ・ヒロシ)

1962年生まれ。1990年岡山大学大学院文学研究科史学専攻(考古学)修了。 岐阜県高等学校教諭を経て、1996年関市教育委員会文化課。現在、関市文化財保護センター課長補佐。 主な著作 「「古墳」が語るもの」『新修 関市史 通史編』関市、「弥勒寺遺跡と武義郡衙」八賀晋編『美濃・飛騨の古墳とその社会』同成社、「「郡寺」と郡衙」『地方官衙と寺院』奈良文化財研究所、「弥勒寺遺跡群」文化財保存全国協議会編『新版 遺跡保存の事典』平凡社、「弥勒寺」『歴史考古学大事典』吉川弘文館ほか