縄文の社会構造をのぞく・姥山貝塚

シリーズ「遺跡を学ぶ」19

縄文の社会構造をのぞく・姥山貝塚

  • 堀越 正行/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0539-6
  • 2005発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

東京湾に面した千葉県・京葉地区は日本最大の貝塚地帯。その中心的遺跡・姥山貝塚は20世紀はじめから注目・研究され、縄文社会像の基準確立に貢献した遺跡である。研究の歴史を追うとともに、埋葬人骨等の考古学的検討により、縄文の家族や集団、社会構造をかいまみる。

著者紹介

堀越 正行(ホリコシ・マサユキ)

1947年生まれ。明治大学大学院史学専攻考古学専修修士課程修了。 元市川市立市川考古博物館長。