江戸のライフライン

江戸のなりたち[3]

江戸のライフライン

  • 追川 吉生/著
  • A5判
  • 168頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-0801-4
  • 2008発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

発掘でわかった江戸を探訪する「江戸なりたち」第3弾!
人口100万人を超す大都市だった江戸の人びとの生活を支えたライフラインと,それを脅かした火事や地震といった災害について、発掘調査の成果からみていく。

文献からはわからなかった、100万人都市・江戸のライフラインと火事・地震といった大災害の実態と対策を、発掘にもとづいて豊富なカラー写真・図版で紹介する。

目次

はじめに――100万人が暮らした都市・江戸
探訪遺跡地図
1 上水探訪
   100万人都市・江戸
   江戸の上水網
   神田上水
   玉川上水
   江戸の井戸
   
2 下水・トイレ探訪
   大下水と小下水
   江戸のトイレ
   
3 火事・地震探訪
   火災都市・江戸
   火事と考古学
   目黒行人坂の大火
   江戸の防火対策と火消
   遺跡に残る災害の爪痕
   江戸の地鎮祭
   
4 江戸の終わり探訪
   江戸湾の防衛ライン
   内海御台場の築造
   江戸のはじまりと未来
   江戸から東京へ
   
おわりに
参考文献
索引

著者紹介

追川 吉生(オイカワ・ヨシオ)

1971年東京生まれ。明治大学大学院博士前期課程修了。博士(人間科学) 明治大学考古学博物館を経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科助手。 日本考古学専攻。 著書 『江戸のミクロコスモス・加賀藩江戸屋敷』(シリーズ「遺跡を学ぶ」011)、『江戸のなりたち[1]江戸城・大名屋敷』、『江戸のなりたち[2]武家屋敷・町屋』、『江戸のなりたち[3]江戸のライフライン』(以上、新泉社)