古代をみる眼

古代をみる眼

考古学が語る日本文化の深層

  • 辰巳 和弘/著
  • A5判
  • 240頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-1416-9
  • 2015発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

考古資料の分析と読み解きに軸線を置きつつも、“かたち”を産み出した古代の人びとの《思い》を解き明かし、日本文化の深層をさぐる。

「古墳、水辺、坂(峠)、巨樹、山嶺など、列島の先人たちが他界との接点、あるいは境界領域をいかに捉え、いかに働きかけたかを思考する試みです。古代的心意の探求におつきあいください。」(まえがきより)

目次

1 祭祀遺跡はなぜそこにあるのか?
2 神話の土壌─水の祭り
3 ヒサゴと龍─水への思い
4 他界の王宮
5 埴輪研究の行方
6 紀氏と葛城氏─王権祭儀の情景
7 聖樹と王宮
8 大和三山と王宮

著者紹介

辰巳 和弘(タツミ・カズヒロ)

1946年大阪市生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了。 元同志社大学教授。 主な著書 『他界へ翔る船─「黄泉の国」の考古学』(新泉社、2011年)、『聖樹と古代大和の王宮』(中央公論新社、2009年)、『聖なる水の祀りと古代王権・天白磐座遺跡』(新泉社、2006年)、『新古代学の視点─「かたち」から考える日本の「こころ」』(小学館、2006年)、『古墳の思想─象徴のアルケオロジー─』(白水社、2002年)、『風土記の考古学─古代人の自然観─』(白水社、1999年)、『地域王権の古代学』(白水社、1994年)、『埴輪と絵画の古代学』(白水社、1992年)、『高殿の古代学─豪族の居館と王権祭儀─』(白水社、1990年)ほか。