弥生時代のモノとムラ

弥生時代のモノとムラ

  • 秋山 浩三/著
  • B5判上製
  • 432頁
  • 10000円+税
  • ISBN 978-4-7877-1703-0
  • 2017発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

弥生時代遺跡の発掘に長年携わってきた考古学者の集大成。列島に「クニ」が生まれる直前の農業生産のあり方、集落の姿とその連合、都市の成立、弥生実年代など、論争点を明解に論じる。

目次

第I部 土器移動と地域間交流
第 1 章 「河内系」土器について
第 2 章 弥生拠点集落における土器搬入の実態
第 3 章 吉備・近畿の交流と土器
第 4 章 近畿の下川津B類土器(讃岐産)をめぐって
第 5 章 「土佐産」弥生後期土器の近畿初見例をめぐる検討

第II部 農具と田植え
第 6 章 「大足」の再検討
第 7 章 稲株状痕跡の分析視角

第III部 理化学分析・試考実験と実年代論
第 8 章 年代測定法──近年の理化学的手法・「二つの事件」と弥生実年代論
第 9 章 弥生時代の被熱変形土器類と試考実験
第10章 銅鐸鋳型の蛍光X線分析と試考実験

第IV部 大形建物と史跡整備
第11章 教科書に登場する遺跡 池上曽根遺跡
第12章 実録/池上曽根大形建物・井戸の復原工事

第V部 集落特性と専業・都市論
第13章 弥生「集住」集落の基本特性
第14章 弥生の風と火と水と──専業生産の理解をめぐって
第15章 チャイルドの「長距離交易」と唐古・鍵~纒向の時代

著者紹介

秋山 浩三(アキヤマ・コウゾウ)

1957年 大阪府枚岡市(現・東大阪市)生
1983年 岡山大学大学院修士課程文学研究科史学専攻修了
1983年 (財)大阪文化財センター(非常勤調査員)
1984年 向日市教育委員会(嘱託ほか)
1988年 (財)向日市埋蔵文化財センター
1993年 (財)大阪府埋蔵文化財協会
〈その後、(財)大阪文化財センターと統合し(財)大阪府文化財調査研究
センターに、(財)大阪府博物館協会と統合し(財)大阪府文化財センター
に組織名称が変更〉現:(公財)大阪府文化財センター
2006年 博士(文学):大阪大学
2013年 大阪府立弥生文化博物館〈指定管理:(公財)大阪府文化財センター〉
2018年 3月:定年退職、4月:再任用(専門員)
現 在 桃山学院大学 国際教養学部 客員教授
大阪府立弥生文化博物館 副館長
立命館大学大学院 文学研究科授業担当講師
神戸女子大学・近畿大学・大阪樟蔭女子大学講師(非常勤)

主要著書:
『物集女車塚』(1988年・向日市教育委員会、共編著)
『弥生実年代と都市論のゆくえ 池上曽根遺跡』シリーズ「遺跡を学ぶ」023(2006年・新泉社、単著)
『日本古代社会と物質文化』(2007年・青木書店、単著)
『弥生大形農耕集落の研究』(2007年・青木書店、単著)
『煩悶する若き考古技師』(2007年・京都三星出版、編著)
『弥生時代のモノとムラ』(2017年・新泉社、単著)
『交合・産・陰陽道・臼―考古学とその周辺』(2017年・清風堂書店、単著)
『古墳時代のモノと墓』(2018年・新泉社、単著)
『河内・和泉の考古記録』(2020年・清風堂書店、単著)
『河内弥生文化の点描』(2020年・新泉社)、ほか