ここまでわかった! 縄文人の植物利用

歴博フォーラム

ここまでわかった! 縄文人の植物利用

  • 工藤 雄一郎/編
  • 国立歴史民俗博物館/編
  • A5判
  • 228頁
  • 2500円+税
  • ISBN 978-4-7877-1317-9
  • 2014.01.06発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

高度な植物利用の知識と技術が見えてきた
マメ類を栽培し、クリ林やウルシ林を育てる…… 狩猟採集生活をおくっていたとされる縄文人が、想像以上に植物の生育環境に積極的に働きかけ、貴重な資源を管理・利用していた。「植物考古学」の最新成果をカラー写真・図版で紹介する。

目次

1 「人と植物の関わりの文化史」をもっと知ろう!(工藤雄一郎)

2 縄文人の植物利用─新しい研究法からみえてきたこと─(佐々木由香)

  【コラム1 かごや縄の素材はなに?─植物珪酸体で調べる─(米田恭子・ 佐々木由香)】 
  【コラム2 植物繊維の見分け方(小林和貴)】 

3 縄文人は森をどのように利用したのか(能城修一)

4 マメを育てた縄文人(小畑弘己)

  【コラム3 イネを食べなかった縄文コクゾウムシ(小畑弘己)】
  【コラム4 土器づくりの敷物は?(真邉彩)】

5 縄文人がウルシに出会ったのはいつ?(鈴木三男)

  【コラム5 植物の年代をはかる(坂本稔)】
  【コラム6 縄文土器のおこげの正体は?(工藤雄一郎)】 

6 適材適所の縄文人─下宅部遺跡─(千葉敏朗)

7 下宅部遺跡の漆関係資料からわかること(永嶋正春)

  【コラム7 たねが語る人の暮らし(百原新)】 
  【コラム8 果実でウルシが見分けられるか(吉川純子)】 

8 縄文人と植物との関わり─花粉からわかったこと─(吉川昌伸)

  【コラム9 アサを育てる・使う(篠﨑茂雄)】 
  【コラム10 デンプンからわかる食べ物(渋谷綾子)】 

9 イネと出会った縄文人─縄文時代から弥生時代へ─(那須浩郎)

  【付録 「くらしの植物苑」に行こう!(工藤雄一郎・山村聡)】

著者紹介

工藤 雄一郎(クドウ・ユウイチロウ)

1976年千葉県生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業後、東京都立大学大学院博士課程修了。博士(史学)。名古屋大学年代測定総合研究センター研究機関研究員、国立歴史民俗博物館研究部考古研究系助教を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部考古研究系准教授。専門は先史考古学、第四紀学。主な著書・編著に『旧石器・縄文時代の環境文化史─高精度放射性炭素年代測定と考古学─』(単著、新泉社、二〇一二年)、『ここまでわかった!縄文人の植物利用』(編著、新泉社、二〇一四年)などがある。

国立歴史民俗博物館(コクリツレキシミンゾクハクブツカン)

千葉県佐倉市城内町にある、大学共同利用機関法人人間文化研究機構が運営する博物館。日本の考古学、歴史、民俗について総合的に研究・展示する博物館である。通称、歴博(れきはく)。佐倉城趾の一角にある。