ゲームセンター文化論

ゲームセンター文化論

メディア社会のコミュニケーション

  • 加藤 裕康/著
  • 四六判
  • 360頁
  • 2800円+税
  • ISBN 978-4-7877-1018-5
  • 2011発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

ゲームセンターとはいかなる空間なのか。
若者はたった一人、ゲームプレイだけを目的にゲームセンターにいるわけではない。そこにはハンドルネームを介して得点を競い合い、観客を前に自分の技を魅せ、コミュニケーション・ノートを通じて「会話」する他者の存在がある。自立的なコミュニケーションのありようと、今日の若者文化の特質を明らかにしていく。
【第22回 橋本峰雄賞受賞作品】

目次

序 章 ゲームセンターの若者たち
第1章 ゲームセンターへの視線
第2章 ゲームセンター文化の生成
第3章 コミュニケーション・ノート
第4章 イラスト・ノート
第5章 快適な居場所とするための戦略
第6章 伝言・掲示板
終 章 新たな若者文化のきざし
補論1 女子中高生の日常写真ブーム
補論2 プリクラを消費する少女たち

あとがき
索引

著者紹介

加藤 裕康(カトウ・ヒロヤス)

1972年生まれ東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科コミュニケーション学専攻博士課程修了。博士(コミュニケーション学)
現在、大学非常勤講師
主な著作 『コミュニケーション・スタディーズ』(共著、渡辺潤監修、世界思想社、2010年)、「子どもにおけるテレビ視聴環境」(『余暇学研究』第13号、日本余暇学会、2010年)、「社会の中の排除機能――余暇と公共圏」(『レジャー・スタディーズ 余暇研究の転回』余暇学再編プロジェクト編、日本余暇学会、2010年)