NoImage

未開社会における構造と機能 〔新版〕

  • アルフレッド・ラドクリフ=ブラウン/著
  • 青柳 真智子(まちこ)/訳
  • 蒲生 正男/解説
  • 四六判上製
  • 344頁
  • 3200円+税
  • ISBN 978-4-7877-0204-3
  • 2002発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

現代社会人類学の父といわれる著者が、その理論の中心概念“機能的一致の原理”を展開した「社会科学における機能の概念について」をはじめ、社会人類学の基本概念を定式化した論文や親族にまつわる諸問題、冗談関係、トーテミズム、タブーを論じた代表的論文12編を収録。

著者紹介

アルフレッド・ラドクリフ=ブラウン(Alfred Reginald Radcliffe-Brown)

青柳 真智子(まちこ)(アオヤギ・マチコ)

東京都立大学大学院修了。文学博士。立教大学名誉教授。 主な著書 『モデクゲイ』新泉社、『遊びの文化人類学』講談社現代新書、『子育ての人類学』河出書房新社、『トンガの文化と社会』三一書房、『国勢調査の文化人類学』古今書店、『老いの人類学』世界思想社、編監訳『「エスニック」とは何か』新泉社ほか多数。

蒲生 正男(ガモウ・マサオ)