NoImage

人間のゆくえ

  • 渡辺 格/対談
  • 野間 宏/対談
  • 四六判上製
  • 260頁
  • 1200円+税
  • ISBN 978-4-7877-7902-1
  • 1979発行
  • [ 在庫僅少 ]
  • 書店サイトへ

紹介文

人間の本来のあり方が、社会科学的にも自然科学的にも再考されている。分子生物学のめざましい発展を評価しつつも、そのあり方に対し、鋭い批判を浴びせている分子生物学者・渡辺格と、自然科学の成果を自ら文学に取り入れ、ユニークな創作を続けた作家・野間宏との対談。

著者紹介

渡辺 格(ワタナベ・イタル)

野間 宏(ノマ・ヒロシ)

1915年 - 1991年。小説家、評論家、詩人。作品に、『暗い絵』『青年の環』『真空地帯』『狭山裁判』などがある。