NoImage

ヘーゲル『法哲学』研究序論

  • 鷲田 小彌太/著
  • 四六判上製
  • 284頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-7508-5
  • 1975発行
  • [ 在庫僅少 ]
  • 書店サイトへ

紹介文

マルクス弁証法的唯物論の研究過程で、ヘーゲルの『法哲学』へのアプローチは重要な意味をもっている。しかし、わが国では従来あまり研究の対象とはなっていない。著者はマルクス主義の思想闘争の前提作業としてヘーゲルの『法哲学』の唯物論的な読み直しの必要性を説く。

著者紹介

鷲田 小彌太(ワシダ・コヤタ)