NoImage

ことばのニルヴァーナ

歎異抄を信解する

  • 筧 次郎/著
  • 四六判
  • 240頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-0414-6
  • 2004発行
  • [ 在庫僅少 ]
  • 邯鄲アートサービス/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

『歎異抄』の言葉を「悟りの解明」としてわかりやすく解く。「辛い労働と貧しい暮らしと孤独に直面して打ちのめされそうになったとき、私は『歎異抄』の親鸞聖人の言葉を初めて了解したのです」。

著者紹介

筧 次郎(カケイ・ジロウ)

1947年生まれ。百姓、哲学者。1983年から筑波山麓で百姓暮らしを実践している。 著書に、『自立社会への道』(新泉社)、『百姓暮らしの思想』(新泉社)、『百姓入門』(邯鄲アートサービス、新装版:新泉社)、『ことばの無明』『百姓の思想』『ことばのニルヴァーナ』(以上、邯鄲アートサービス)、『オーガニック自給菜園12ヵ月』(共著、山と溪谷社)、『反科学宣言』(私家版)がある。