NoImage

猫の伝説 116話

  • 谷 真介/著
  • 四六判上製
  • 346頁
  • 2000円+税
  • ISBN 978-4-7877-6328-0
  • 2013発行
  • [ 在庫あり ]
  • 梟社/発行
  • 書店サイトへ

紹介文

人は、心なごむ愛玩動物でありながら、野性を残し、気紛れで身勝手、どこか不気味さをも秘めた猫を愛してきた。人間の文化の懐深くで語り継がれる伝説も多く、「猫をめぐる記事略年表」、「小林一茶猫句抄」「三代広重の猫画譜」を付録に「人語を話す猫」「猫また屋敷」など116話を収録する。

著者紹介

谷 真介(タニ・シンスケ)

1935年東京生まれ。中央大学中退。日本文芸家協会会員。雑誌『総合』、書評文化誌『週刊読書人』の編集者を経て、児童文学作家になる。 1957年頃より安部公房と親交をもち、その後、年譜の作成を依頼され、文学全集・文庫などの安部公房年譜、文献解題の作成に携わる。