邪馬台国時代の東海の王 東之宮古墳
新刊

邪馬台国の時代を生きた王

シリーズ「遺跡を学ぶ」130

邪馬台国時代の東海の王 東之宮古墳

  • 赤塚 次郎/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-1840-2
  • 2018.11.15発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

邪馬台国と狗奴国が争っていた時代を駆け抜けた王は、愛知県犬山市の北方、木曽川を眼下に望み、濃尾平野を見渡す山頂の前方後方墳に葬られた。東海にのみ存在する不思議な文様を刻む鏡や、当時の工芸技術の粋をあつめた緑に輝く石製品が、この地域に登場した英雄を伝える。

目次

第1章 白山平の古墳
1 東之宮古墳の調査
2 三九年の歳月
第2章 山頂に王墓をつくる
1 山頂に残された軌跡
2 石と土アゲの古墳
3 山頂の前方後方墳
4 王が眠る石の部屋
第3章 捧げられた宝物
1 宝石箱からの便り
2 刀と剣と斧
3 破られた鏡
4 王が活躍した暦年代
第4章 邇波の王
1 邪馬台国・狗奴国の時代
2 邇波の里
3 邇波四代の大王墓
4 冬至の王
第5章 はじまりの地に集う

著者紹介

赤塚 次郎(アカツカ・ジロウ)

1954年、愛知県犬山市生まれ。1979年、奈良教育大学教育学部卒業。愛知県埋蔵文化財センター副センター長を経て現在、特定非営利活動法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長、名古屋経済大学犬山学研究センター客員教授。 主な著書 「土器様式の偏差と古墳文化」『考古学資料大観2』弥生・古墳時代 土器Ⅱ(小学館)、「古墳文化共鳴の風土」『愛知県埋蔵文化財センター研究紀要』第7号、『幻の王国 狗奴国を旅する』(風媒社)、「土器」『古墳時代下』日本の考古学講座8(青木書店)など。

関連書籍

  • 未盗掘石室の発見・雪野山古墳
  • 筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳
  • 最初の巨大古墳・箸墓古墳
  • ヤマトの王墓・桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳FTP
  • 邪馬台国の候補地・纒向遺跡FTP
  • 邪馬台国時代のクニの都・吉野ヶ里遺跡FTP
  • ビジュアル版 古墳時代ガイドブックFTP