平安末期の広大な浄土世界 鳥羽離宮跡
新刊

京都市南郊によみがえる広大な浄土世界

シリーズ「遺跡を学ぶ」131

平安末期の広大な浄土世界 鳥羽離宮跡

  • 鈴木 久男/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1600円+税
  • ISBN 978-4-7877-1931-7
  • 2018.11.15発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

平安時代末期、長くつづいた藤原氏による摂関政治は終わりをつげ、白河上皇、鳥羽上皇による院政がはじまる。権力を握った上皇たちは京都市の南、鳥羽の地に広大華麗なこの世の浄土世界をつくりあげた。当時の歴史書や日記でしかわからかなった豪勢な鳥羽離宮の姿を明らかにする。

目次

第1章 摂関政治から院政へ
1 摂関政治
2 院政のはじまり
3 末法の世
第2章 史料にみえる鳥羽殿の造営
1 白河上皇による造営
2 鳥羽上皇による造営
第3章 姿をあらわした鳥羽離宮
1 調査研究の幕開け
2 南殿御所と庭園
3 北殿御所と庭園
4 白河上皇の御陵となった三重塔
5 東殿御所と安楽寿院
6 田中殿御所と金剛心院
7 鳥羽離宮の華麗な浄土世界
8 発掘調査によってわかったこと
第4章 同時代の寺院や御所
第5章 復元された鳥羽離宮

著者紹介

鈴木 久男(スズキ・ヒサオ)

1951年、愛知県生まれ。
奈良大学史学科卒業後、財団法人京都市埋蔵文化財研究所に勤務。鳥羽離宮跡や平安京跡の調査に従事。2017年から京都産業大学客員教授。
主な著書 『平安京の地域形成』(京都大学出版・共編著)ほか。

関連書籍

  • 中世瀬戸内の港町・草戸千軒町遺跡
  • 東山道の峠の祭祀・神坂峠遺跡
  • 伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡FTP
  • 中世日本最大の貿易都市・博多遺跡群FTP
  • 鎌倉幕府草創の地・伊豆韮山の中世遺跡群FTP
  • 北のつわものの都・平泉FTP
  • 石鍋が語る中世・ホゲット石鍋製作遺跡FTP