文庫で名作再読

文庫で名作再読

『走れメロス』から『カラマーゾフの兄弟』まで

  • 宅間 紘一/著
  • 四六判
  • 320頁
  • 1800円+税
  • ISBN 978-4-7877-0802-1
  • 2007発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

かつて学校で教わったり、一度は手にとってみたことがある、名前だけは知っているといった文学の名作。ちょっと堅苦しい印象もあるが、多くの人のふるいにかけられ、今日まで読み継がれてきた作品・作家は、私たちの心と響きあう確かなものをもっている。通り一遍の紹介ではなく、人生に関わる七つのテーマ「信じるということ」「恋のはじまり」「愛の深淵」「反逆する人間」「人間の尊厳」「天と地をつなぐもの」「人間とは何か」から、名作の読み方、楽しみ方を案内していく。

目次

はじめに
1 信じるということ
 □『走れメロス』太宰治 □『氷点』三浦綾子

2 恋のはじまり
 □『野菊の墓』伊藤左千夫□『みずうみ』シュトルム □『友情』武者小路実篤 □『はつ恋』ツルゲーネフ □『潮騒』三島由紀夫 □『伊豆の踊子』川端康成

3 愛の深淵
 □『クロイツェル・ソナタ』トルストイ □『それから』夏目漱石

4 反逆する人間
 □『金閣寺』三島由紀夫 □『異邦人』カミュ

5 人間の尊厳
 □『ソクラテスの弁明』プラトン□『外套』ゴーゴリ □『後世への最大遺物』内村鑑三

6 天と地をつなぐもの
 □『銀河鉄道の夜』宮沢賢治 □『沈黙』遠藤周作  □『歎異抄』親鸞

7 人間とは何か
 □『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー 

文庫百選
あとがき

著者紹介

宅間 紘一(タクマ・コウイチ)

1944年生まれ。関西学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。現在、関西学院高等部の司書教諭・読書科教諭、また関西学院大学講師として、学生の読書教育・論文指導にあたっている。
著書に、『学校図書館を活用する学び方の指導』(全国学校図書館協議会)、『新版 はじめての論文作成術』(日中出版)ほかがある。