弥生実年代と都市論のゆくえ・池上曽根遺跡

シリーズ「遺跡を学ぶ」23

弥生実年代と都市論のゆくえ・池上曽根遺跡

  • 秋山 浩三/著
  • A5判
  • 96頁
  • 1500円+税
  • ISBN 978-4-7877-0633-1
  • 2006発行
  • [ 在庫あり ]
  • 書店サイトへ

紹介文

大阪南部、和泉地域に営まれた弥生の巨大環濠集落・池上曽根。集落の中央付近から発見された「神殿」を思わせる大形建物から、いま、弥生実年代の見直しと弥生「都市」論が盛んに議論されている。集落内の構成と遺物を詳細に分析し、弥生大規模集落の実像を明らかにする。

著者紹介

秋山 浩三(アキヤマ・コウゾウ)

1957年、大阪府東大阪市生まれ。岡山大学大学院修士課程文学研究科史学専攻修了。博士(文学)。 (財)大阪文化財センター(非常勤調査員)、向日市教育委員会(嘱託ほか)、(財)向日市埋蔵文化財センター、(財)大阪府埋蔵文化財協会(現(公財)大阪府文化財センター)で勤務。 現在、大阪府立弥生文化博物館副館長、神戸女子大学・近畿大学・大阪樟蔭女子大学講師(非常勤) おもな著書 『弥生実年代と都市論のゆくえ 池上曽根遺跡』(シリーズ「遺跡を学ぶ」023)『弥生時代のモノとムラ』『古墳時代のモノと墓』(以上、新泉社)、『物集女車塚』(向日市教育委員会、共編著)、『日本古代社会と物質文化』(青木書店)、『弥生大形農耕集落の研究』(青木書店)、『煩悶する若き考古技師』(京都三星出版、共編著)、『交合・産・陰陽道・臼─考古学とその周辺─』(清風堂書店)ほか