A5判
192頁
2000円
ISBN978-4-7877-0705-5
水・環境・アジア
グローバル化時代の公共性へ

西原和久/編 名古屋大学大学院環境学研究科社会学講座/編集協力

【目次】

第1部 シンポジウム

 第1章 アジアと中国・環境問題の争点
   メコン川セミナーから学んだもの    羅 紅光
 第2章 近い水・遠い水
    琵琶湖の事例から考える水環境の自治  嘉田由紀子
 第3章 水俣の経験と専門家の役割
    公害と環境における公共性を問う    宇井 純
 パネル討論   コメンテーター 田中重好・田渕六郎

第2部 論  考

 第4章 河川と公共性
   河川は誰のものか           田中重好
 第5章 環境・公共性・アジア
   人間・社会環境学の実践的課題     西原和久


○宇井 純 われわれが生きている公共の場というのは、国とは別にあるのだと思います。/道理がものをいう公共という場が──少なくともみんなが一緒に生きる公共という場が──あるのだということが定着してきたように思います。
○嘉田由紀子 大事なのは、水と人、川と人の関わりの再生だと思います。/「遠い水」を、どうすれば「近い水」にすることができるのか、ここには「制御論」ではなくて、共に生きる論理・「共生論」が必要であると思います。


【著者紹介】

西原和久(にしはら・かずひさ) 名古屋大学大学院環境学研究科(社会学講座)教授
宇井 純(うい・じゅん) (故人)元東京大学工学部助手・前沖縄大学名誉教授
嘉田由紀子(かだ・ゆきこ) 滋賀県知事
羅 紅光(ら・こうこう) 中国社会科学院社会学教授
田中重好(たなか・しげよし)  名古屋大学大学院環境学研究科(社会学講座)教授
河村則行(かわむら・のりゆき)  名古屋大学大学院環境学研究科(社会学講座)准教授
田渕六郎(たぶち・ろくろう) 上智大学総合人間科学部准教授